トップページ
Top Page
ストレプトカーパス
 Streptocarpus


 ストレプトカーパスはアフリカ原産のおよそ150種を含む大きな属でStreptocarpus亜属

Streptocarpella
亜属に分けられている。最近の研究によるとStreptocarpellaStreptocarpus

よりもSaintpauliaに近く、将来属の再編成が行われる可能性があると言う。なお、アジア原産のス

トレプトカーパスと言われる数種は別属の植物である可能性が高い。

  2015年12月に発表された論文によれば 、すべてのアフリカ産イワタバコ科植物はStreptocarpus 属に統合され、Streptocarpus 属の2亜属は維持される。SaintpauliaStreptocarpus属、Streptocarpella亜属内の1セクションとされる。したがって、Saintpauliaは、Streptocarpus, subgenus Streptocarpella, section Saintpauliaという位置づけになる。
  Saintpauliaという学名は無くなり、例えば、Saintpaulia ionanthaの新学名ははStreptocarpus ionanthusとなる。しかし、分類学的にはこのようになったとしても、セントポーリアという呼び名が使われなくなるわけではなく、広く親しまれてきたセントポーリアという呼び名が、園芸界では今後も使われ続けることは間違いない。
(Nishii, Kanae et al. 2015. Streptocarpus redefined to include all Afro-Malagasy Gesneriaceae: Molecular phylogenies prove congruent with geographical distribution and basic chromosome numbers and uncover remarkable morphological homoplasies. Taxon64(6): 1243-1274)

 また、同じグループの研究者によれば、アジア産のストレプトカーパスとされていた4種類の内、少なくとも2種ははDamrongia属に移される。
Streptocarpus orientalisDamrongia orientalis、Streptocarpus clarkeanusDamrongia clarkeana
(Puglisi, Carmen et al. 2016. Generic Recircumscription in the Loxocarpinae (Gesneriaceae), As inferred by Phylogenetic and Morphological Data.)


 Streptocarpus亜属:茎がないタイプで形態的に3つのグループに分かれる。

1葉種 Unifoliate:子葉の一枚だけが生長して本葉は発生せず、開花結実後に枯死する(1稔生)。

寡葉種 Plurifoliate
多年生だが葉の発生が遅いため、葉数は通常1−3枚程度。

ロゼット種 Rosulate :多年生で沢山の葉が叢生する


 Streptocarpella亜属 :茎が伸びるタイプ。